不動産投資の種類

会社員の人がアルバイトとして副収入を得るため(アルバイトは、広い意味では、「自分で仕事をする事」とされています)や、年金生活者が年金以外にも収入を得るために、不動産投資をする事が在ります。これは、自分が所有するあるいは他人から譲り受けをした不動産(土地や建物)を、不特定多数人に対して住居を貸す事を目的に投資を行う事を意味します。

自分が所有する土地であれば、土地を月極駐車場としたり、土地の上にマンション等を新築して集客をすると良いかもしれません。また、自分が所有する空き家等であれば、借家として他人に貸した方が有益です。また、マンションですが、投資用マンションの販売を行う業者も存在しています。不動産投資ですが、最初には失敗事例を研究すると良いかもしれません。当該投資セミナーですが、失敗事例について紹介をする事が多いです。不動産投資ですが、リスクが非常に大きく、その反面、見返りとして高収入が期待できる投資としても有名となっています。

不動産投資の失敗例ですが、「中古マンションが、安い価格で購入できました。しかし、駅から遠かったり、利便性が優れていないという事で入居募集をしたものの、集まらず借金が残りました」という事が典型といえそうです。利用する側の要望に応じて、物件を購入あるいは投資をすると良さそうです。 戸建て賃貸というものも存在しており、これは低層住宅そのものを賃貸を目的に提供する事とされています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク