戸建て賃貸のメリット

戸建て賃貸ですが、問題点と利点が在ります。不動産投資ですが、失敗例を学ぶ事は不可欠であり、他人の失敗を知識化して活かした方が致命的な失敗をせずに済むという利点が在ります。 戸建て賃貸ですが、賃貸で住居に住みたいという人のために、主に空き家等を有効活用するものとなっています。この投資の問題点としては、利用する側が30年以上の長きに亘って住む場合は揉め事が多く発生するという事です。それは、木造の空き家を戸建て賃貸とする場合、当該物件は修繕をしていない事が考えられますし、災害に対して非常に弱いという問題も孕んでいます。

木造の空き家物件ですが、基本的には修繕がされていない事が多いですが、投資価格としては割と安いです。また、利点として考えられる事ですが、20年程度の期間で住む場合であれば問題は無いかもしれません。 当該投資の利点ですが、他には、利用する側は他人の所有する物件を借りているので、災害に遭ったとしても所有者が補償をしてくれるので万が一の場合であっても安心できます。賃貸借においては、貸す側は修繕義務が課されており、これについては借りる側は知っておく必要があります。他には、修繕費は所有者負担となっており、所有者と違って固定資産税の課税対象にならないという事です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク